在来工法との比較

在来のRC増設壁工法では、型枠工事やコンクリート工事において大型の仮設材を使用します。一方で、RM耐震補強工法ではモルタルポンプでの施工が可能であるなど、仮設の簡素化が可能となり、ブロックが組積できるだけの狭隘な場所で省スペース施工が可能になります。

RM耐震補強工法による施工

在来工法による施工